PMS(生理前症候群)には超低用量ピル、ヤーズ!自己判断で飲むのは危険?

ヤーズのメリット、デメリット

f:id:yupiix:20191008103044j:image

ヤーズは避妊だけでなく、肌トラブルの改善や月経不順、 過多の改善、子宮内膜症や月経困難症の改善、 婦人科系のがんの予防などさまざまな効果があります。

 

つらい症状から解放され、 生理周期がうまくコントロールできるようになれば生活リズムの改善も可能です。リズムが整えばその分妊娠の計画もしやすくなりますよね。

 

ヤーズは1 日1錠内服するだけで手軽に避妊できる上、 超低容量であることから、とても安全性が高いとされています。 
 
また月経困難症でも保険適応されているため、 比較的低価格での購入が可能です。 超低用量ピルのなかで保険適応のものはヤーズやヤーズフレックス 、フリウェルLD、ジェミーナ、 ルナベルULDなどが挙げられます。

 

そのなかでも、抗ミネラルコルチコイド作用のあるヤーズは非常にむくみにくいというメリットがあります。 しかし一方で、稀に重篤な副作用が起こるということや、 慣れないうちは頭痛や吐き気が現れる可能性があるというデメリッ トもあるため注意が必要です。 
 

危険性はない?

f:id:yupiix:20191008094718j:image
海外の文献によっては発がん性が高くなるという報告もありますが 、 実際はピル内服者よりも妊婦の方がずっと発症リスクが高くなります。また、そのほとんどが 喫煙者であり、非喫煙者が発祥する可能性は低いです。ヤーズ の場合は超低用量のピルのため、 そういった重篤な副作用は起こりにくいてす。

 

飲み方ににおいても、一般的なピルの休薬は7日間必要ですが、ヤー ズ の場合は4日です。そのため24錠タイプや擬似薬入りの28錠タイプも販売されてい ます。 
 
休薬が少ないと不安に思う方もいますが超低用量ピルの場合、 周期内にホルモンが変動するということも少ないです。 そのためホルモンの影響を受けにくく頭痛や下腹部痛などが起こり にくい分、体への負担も少なく済みます。

 

アメリカではそれらの症状に加え、 精神症状にも効果が認められていてPMDD( 精神症状が現れやすい疾患)に対しても推奨されています。 ただし、これは全ての方に適用するものではありません。

 

健康状態によっては、内服できない方もいるため注意が必要です。 重い持病のある方や血栓症のある方、 乳がんや子宮体がんのある方、 妊娠中や授乳中の方は服用できません。 
 
そのような病状がある場合は、医師に相談するようにしましょう。ヤ ーズにはそういったデメリットもありますが、効果は保証されています。 ネットやメディアには、さまざまな情報が混在していて、なかにはピルの危険性を大きく取り上げるものもあるでしょう。

 

しかし、 低用量ピルは一般的なピルよりも副作用が少なく、 安心して内服できるものも多いのです。 特に婦人科系の疾患にお悩みの方にとっては救世主といえます。

ヤーズのレビュー↓


ヤーズの具体的な副作用とは?

f:id:yupiix:20191008094801j:image

ピルを服用すれば、望まない妊娠の予防、婦人科疾患の予防、 PMSの緩和など、さまざまな効果が期待できます。しかし一方で副作用を心配される方もいるのではないでしょうか。 ヤーズを服用する方は確認しておくほうが安心ですよね。

 

低用量ピルの場合、 軽い副作用として吐き気や頭痛、乳房の張り、不正出血、 体重増加などが挙げられます。 特にピルを初めて服用する方は、順応するまでに時間もかかることも多いです。 そのため飲み始め1~2ヵ月は吐き気、 頭痛を感じる方も少なくありません。 
 
しかし、これらの副作用は時間が経過するとともに慣れ、 症状が緩和する傾向があり、 気にならなくなってくるケースがほとんどです。また、太るのではないかと心配する方も多いですが、少し食欲が増進したり水分で体重増加したりする程度で、太らない方も多いです。

 

ピルには黄体ホルモンの分泌が安定する成分が含まれているため、 食欲を増進や体内に水分を貯留させることがあります。 そのため太ったと勘違いされる方も多いようです。 
 
それ以外にも、副次的な効果として多毛症が改善することがあります 。多毛症の原因は主に男性ホルモンの分泌過多であることが多く、 その場合ホルモンを安定させる必要があります。

 

毎日内服すれば、男性ホルモンの分泌を抑えるため、そういった効果も得られるのです。 実際に改善が見られる方も多いため、 多毛症に悩む方には有効な方法といえるでしょう。しかし、 これらの副作用だけでなく、 なかには重い症状を引き起こすものもあるため注意が必要です。
 
特にピルの場合は、血栓症という血液が凝固する症状を引き起こしや すいといわれています。 飲み続けると血液が流れにくくなったり、 血管内で詰まってしまったりすることもあるため注意が必要です。

 

これはピルの副作用のなかでも最も危険性が高い副作用ですが、先述したように血栓症はとても稀な症状で、 引き起こす可能性は低いとされています。 そのためほとんどの方は安心して内服できるのです。

 

しかし、軽症でも我慢できなかったり、 重篤な症状が起こったりした場合は必ず医療機関を受診しましょう。 受診すれば服用中の薬の種類の変更してもらったり、 他の薬を併用し副作用を軽減させたりして症状を緩和できます。 


ヤーズの飲み方

f:id:yupiix:20191008094819j:image
ヤーズを初めて飲む場合は、月経の初日から飲み始めると良いでしょ う。 月経の1日目はホルモンのサイクルを把握しやすく管理しやすい日です。そのため継続的に飲む場合は初日の方が安心です。

 

このように月経初日からの内服をDay1スタートといいます。 Day1スタートの場合、初日から避妊効果が得られる、 生理周期を一定に保てるというメリットがあるのです。 
 
ヤーズの28錠には、ドロスピレノンとエチニルエストラジオール という成分の内服薬が24錠、成分のない擬似薬が4錠入っています。(ヤーズはピンク色で擬似 薬は白色です) これを月経開始から順番に毎日1錠ずつ飲んでいきます。

 

ピルの効果を上げるには、血中濃度を一定に保つことが必要ですから、決まった時間に飲むことが大事です。 24日間内服し、終われば休薬日として擬似薬を飲みます。 基本的には、このサイクルを繰り返していくだけなので、 非常にシンプルな方法です。 
 
とはいえ、 状況が変われば毎日同じ時間に内服できないこともありますし、 忙しくなれば飲み忘れてしまうこともあるでしょう。 特に飲み始めの方は習慣化されていないこともあり忘れやすいこと も多いです。

 

そういった場合はヤーズのカレンダーを作ったりスケ ジュールを組んだりすると良いでしょう。日々の習慣にすれば、 飲み忘れの心配も少なくなります。万が一内服を忘れた場合は、 前日分も内服する必要があります。 
 
これは2日以上経過している場合も同様で、自分が気づいた時点で前日と当日分の内服が必要とされています。しかし、自己判断での内服はおすすめできません。初めて内服する時は医者に相談してからにしましょう。

 

ヤーズのレビュー↓

ヤーズには黄体 ホルモンや卵胞ホルモンの成分が含まれていますから、大量摂取するのはいけません。 この方法はあくまでも飲み忘れの際の措置です。 もし過量摂取してしまい異常を感じた場合は、 すぐに薬剤師や医師に相談してください。 妊娠を希望する場合、即中止しなければなりません。 
 
月経周期が回復するまでは様子観察が必要ですから、 それまで薬剤以外の方法で避妊するようにしましょう。 また他のホルモン剤を併用するのもいけません。ホルモン剤だけでなく場合によってはサプリメントも検討する必要があります。

 

ホルモンに影響を与えるのものは控えるようにした方が無難です。ヤーズは安全に避妊ができる薬ですが、妊娠の可能性はゼロではありません。 周期連続して月経がない場合は妊娠している可能性があります。 妊娠した場合は、ただちに内服をやめて病院を受診しましょう。 

 

個人輸入でも購入できる

f:id:yupiix:20191008102523j:image
個人輸入通販サイトの通販の場合、サイトにもよりますがヤーズ1 シート当たりが2,000円~4,000円で販売されています。 しかし病院で手に入れる場合これに加え診察代や検査代などの医療費もかさんでしまいますよね。そのため個人輸入のサイトの方が安く購入できるといえます。

 

特にヤーズの場合は他のピルに比べて安全性が高く品質がいいため 、同種のマーベロントリキュラーよりも値段が1,000円〜 2,000円ほど高く設定されています。 
 
ですから継続的に内服したい場合、 それだけ費用の負担も多くなってしまうことになるのです。 そのため、 できるだけ安く購入したい場合は個人輸入を選択する方も多いです。とはいえ、 個人輸入は本当に安心して良いものか、 不安に感じる方も多いですよね。 確かに輸入代行サイトの場合は特別な資格や申請も要らず、保証されるものもありませんから、そこにリスクを感じる方も多いです。

 

また、実際に非正規の商品を販売している、商品が届かない、 など悪徳なサイトがあるのも事実です。しかし一方で、安全な輸入代行サイトもあります。輸入品は非正規品が多いと勘違いされる方もいますが、 きちんとしたサイトであれば、正規品を取り扱っていますし、 そのような心配はありません。安心して利用できます。
 
ヤーズの場合、 世界的にも効果や品質が認められている薬ですから、正規品であれば、問題なく使用できるはずです。 さまざまな意見がありますが、代行していることを除けば、一般的な通販と何も変わりません。

 

輸入代行の場合は、商品の入荷や出荷をはじめ価格交渉、 解説文の日本語訳などそれら全てを代行しています。それを考慮すれば、むしろサービス性の高い通販かもしれないですね。
 
病院でピルを手に入れる場合、受診するだけで何時間もかかってしまうこともあります。そのためピルが欲しいだけで、わざわざ受診することに負担を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

個人輸入であれば、わざわざ受診する必要もありませんし安く購入でききますから、費用や時間の節約にもなるでしょう。 またストック分も購入できますから安心ですね。

安全に購入するできる^_^↓


ヤーズとヤーズフレックスの違い

f:id:yupiix:20191008102826j:image
ヤーズもヤーズフレックスも低用量のピルで1日1錠飲むことで避 妊ができます。またどちらも低容量であることから、安全性が高く安心して内服できるといえます。

 

 ヤーズやヤ ーズフレックスには抗ミネラルコルチコイド作用があるため非常に むくみにくく、症状にあらわれにくいとされています。そういった点でも他のピルに比べ人気です。
 
ヤーズの場合は休薬期間は4日あり、24錠タイプや、 擬似薬入りの28錠タイプなどがあります。 超低用量ピルなので周期内にホルモンが変動することもあまりありません。 そのためホルモンの影響による頭痛や下腹部痛などが起こりにくく 体への負担も少なく済みます。

 

ヤーズフレックスの場合は、 国内では唯一連続服用が認可されていることもあり、子宮内膜症や月経困難症などさまざまな婦人科系疾患にも使用されることが多いです。 薬の効果はヤーズと変わりませんが、 最大で120日の連続服用ができるため、休薬期間が短くて済むという違いがあります。

 

ヤーズは連続服用28日間のため月に一度月 経が来るのに対し、ヤーズフレックスは年に3〜 4回しか来ないのです。 そのため婦人科系の症状で悩んでいる方にとっては大きなメリットといえるでしょう。特に子宮内膜症は激痛を伴うこともあります。ヤーズフレックスを 内服すれば、毎月辛い思いをしなくて済むのです。 
 
アメリカでは精神症状が現れやすいPMDDに対しても効果が認め られているため、それらの症状の緩和も期待できます。 超低用量ピルは避妊だけでなく、 婦人科系の疾患を改善するために非常に役立ちます。

 

ただし、稀に重篤な副作用が起こるということや、 慣れないうちは頭痛や吐き気が現れる可能性があるというデメリッ トがあるため注意が必要です。 また健康状態によってなかには内服できない方もいます。 
 
重い持病のある方や血栓症のある方、 乳がんや子宮体がんのある方、 妊娠中や授乳中の方は服用できません。 海外の文献によっては発がん性が高くなるという報告もありますが 、 実際はピル内服者よりも妊婦の方がずっと発症リスクが高くなりま す。また、 大抵が喫煙者であり非喫煙者が発症する可能性は低いと考えていいでしょう。 


ヤーズで不正出血が起こる場合がある

f:id:yupiix:20191008102547j:image
低用量ピルで不正出血が起こる確率は15%といわれています。 特に初めてピルを内服する方は体に変調をきたしやすい分、 出血のリスクも高いです。 内服を開始するとホルモンバランスが崩れやすくなり、 安定するまでの間ダラダラと出血してしまうこともあります。

 

これら不正出血の原因は、 ホルモンバランスの乱れによる場合がほとんどです。 こういった場合、 一時的な症状のみですからホルモンバランスさえ整えば止まります 。
 
初めて内服する方は出血が続くことも多いですが、 2シート目からはホルモンバランスが安定しやすくなるため、 以降は治ってくる可能性が高いです。 稀に3シート目になっても不正出血が止まらないという方もいますが、そういった場合は医療機関で相談すれば、 ピルの種類を変更してもらうことも可能です。

 

内服は月経の開始とともに始めますがこの時、体はホルモンを抑制されたような状態になります。 自分の女性ホルモンだけでなくピルによる女性ホルモンも同時に作用しているため、バランスが乱れ変調をきたしやすくなるのです。

 

なかには不正出血が気になって内服を中断する方もいますが、 内服し続けなければ排卵が再開してしまうことになります。 それを機にさらに出血がひどくなってしまう可能性もあるのです。こういったトラブルを避けるためにも様子観察の期間として、 まずは一ヶ月状態を見てから検討しましょう。
 
不正出血は内服開始時だけでなく、 中断時も起こることがあります。 そのため規則的にきちんと内服することが重要です。 特に長期間ピルを使用する場合は体調管理も必要ですから、 異変にはいち早く気づかなければなりません。

 

ピルの性質上、 不正出血は起こしやすいものです。使用前に知っていれば、 それらのトラブルを未然に防ぐこともできます。ただし、 全ての不正出血がホルモンバランスの乱れによるものとはいえませんし、ひどい場合は病気を疑うことも必要です。 
 
 ピルを内服すると不正出血などの体調の変化に戸惑うことも多いか もしれませんが、内服を続ければ大概の不正出血は治ります。 さまざまな変調があっても、 そこまで神経質に考える必要はありません。不正出血に限らず、 吐き気や偏頭痛、むくみなどの症状が出る方もいますが、 どの症状においても3ヶ月以内には治まることが多いとされていま す。まずは、 低用量ピルが体に順応するまで様子を見ること重要です。

辛い症状を緩和


女性が不正出血を起こす原因は?

f:id:yupiix:20191008102705j:image
不正出血の理由もさまざまですが、 なかには重篤なものや検査が必要なものもあるため注意しなければ なりません。女性の場合、 明らかに色が異なったり異臭がすれば気付きやすいですが、 鮮血のよう経血と変わらない場合は気付きにくいものです。 不正出(鮮血)の代表的な病気に子宮膣部びらんや、子宮筋腫、 子宮ポリープなどがあります。

 

子宮膣部びらんは、 子宮や膣がただれ炎症を起こしてしまっていることが原因で起こります。珍しい病気ではありませんから、かかったことがあるという方もいるでしょう。 びらんの場合は炎症は起こしているものの、 必ずしも治療が必要というわけではありません。 軽症であれば自然治癒する可能性も高いです。

 

次に子宮筋腫ですが、 比較的多くの女性に発症する可能性が高く良性の腫瘍であることが ほとんどです。 子宮筋腫は不正出血のほかに月経過多や腹部膨満感などの症状が現れるという特徴があります。腹部の異変に気付き受診される方も少なくありません。 
 
子宮ポリープの場合ですが、できる場所によって病状が異なります。主に子宮内膜、 子宮頚管にできることが多く、 子宮内膜の場合は良性である可能性が高いです。しかし、 腫瘍の大きさによっては受精卵の着床を妨げる恐れがあり、 こういった場合妊娠しにくくなってしまいます。

 

子宮頚管ポリープは、 小さければ良性である場合がほとんどですが、 大きければ悪性である可能性が高いため、切除が必要です。
 
他にも膣炎や子宮内膜炎のような炎症が原因で不正出血が起こることがあります。こういった場合、感染による炎症がほとんどです。 通常であれば、膣の自浄作用により細菌は排出されますが、 膣内の環境が悪ければ感染症を引き起こすこともあります。

 

タンポンやナプキンの長時間の使用でも、 悪化することがあるため常に清潔な状態を保たなければなりません。以上は比較的軽症のもが多く、 すぐに治療できる病気ですが、 なかには重篤な病気が潜んでいる場合があるため注意が必要です。  
 
鮮血の不正出血を起こす病気のなかには、 子宮頚がんや子宮体がんがあります。両者とも悪性腫瘍です。

 

子宮頚がんは主にウイルス感染が原因のため、 若年層にも多いとされている病気です。 若年層のがんは特に進行が早いため、できるかぎり早期発見、 早期治療しなければなりません。

 

一方で、 子宮体がんは高年層の女性に多いとされるがんです。 初期の段階で出血しやすいため、 一般的ながんより見つけやすいといえます。 不正出血にはさまざまな病気が潜んでいるため、 以上を見逃さないことが重要です。 

 

なぜ生理周期が乱れる?

f:id:yupiix:20191008102847j:image
生理周期が乱れは女性ホルモンバランスによる場合が多いです。 特に女性ホルモンはデリケートなことで影響を受けることも多く、 精神状況やストレスでもバランスを崩します。 卵巣や子宮になんらかの症状があったり、 卵巣の発達が遅くなってしまったりすれば、 女性機能が低下することにもなりかねません。

 

また若い女性に多いのが、過激なダイエットをするなど、 体に大きな負担を与えるということです。 体へのストレスが大きくなりますから、 その分ホルモンへ与える影響も大きくなってしまいます。 
 
生理周期が乱れるにはさまざまな原因がありますが、 具体的な症状として、稀発月経や頻発月経、過長月経と過多月経、 過少月経と過短月経などがあります。

 

稀発月経の場合、 生理周期が39日以上空くことをいいます。この場合、 卵巣の働きが低下していることが多く、 ホルモンしっかり分泌されていない可能性があります。 排卵があれば妊娠は可能ですが、通常よりもリスクは伴います。 必要な場合は婦人科でホルモン量を調べてもらうと良いでしょう。  
 
一方で頻発月経は、生理周期が24日以下になることをいいます。 この場合も同様で卵巣の働きが低下していたり、 ストレスでホルモンの分泌が崩れていたりすることが原因です。 さらに黄体ホルモンの分泌が低下している可能性もあり、 その場合は子宮内膜がうまく成熟しないため、 流産のリスクも高くなります。

 

過長月経は、 生理の期間が8日以上続くことをいいます。この場合、 ホルモンバランスの乱れまたは、 子宮内の病気の可能性もあります。 特に過多月経のように経血量が多く、 レバー状のかたまりがあった場合、子宮筋腫子宮内膜症、がん、 ポリープなどが原因となっていることもあるため、 注意が必要です。

 

それとは逆に過少月経は、 ほとんどナプキンにつかない極端に少ない月経をいい、 月経が2日以内で終わる場合は過短月経といいます。 この場合は女性ホルモンの量が少なく子宮内膜が成熟しない、 または子宮の不全、甲状腺機能障害などが挙げられます。長期間、治療せずにいると妊娠しにくくなるため、 注意が必要です。

 

女性ホルモン剤が好評^_^です↓

そのほかにも卵巣の老化が原因となっていることもあります。 個人差はありますが卵巣の老化は35才頃から進行し、 徐々に生理周期が乱れ、 経血量が減ってくるという方も少なくありません。 さらに歳を重ねると、閉経前の症状が現れることもあります。 一般的には、50歳前後で閉経される方が多いですが、 もちろんそれ以上に早く症状が現れる場合もあります。


ピルにも種類がある

f:id:yupiix:20191008102723j:image
ピルは、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、 黄体ホルモンであるプロゲステロンという女性ホルモンが2種類配 合されています。全ての低用量ピルには、同じ世代であるエチニル エストラジオール(エストロゲン)が含まれています。 プロゲステロンの場合は全部で4世代あり、 その世代は開発順やプロゲステロン量で異なります。 まず第1世代であるノルエチステロンには、 フリウェルLDやシンフェーズ、ルナベルULDがあります。 
 
フリウェルLDとルナベルLDは、 製造会社が違うものの成分は全く同じです。フリウェルLDは、 月経困難症と診断されれば保険適応があるものです。 国内におけるピルのなかでは、 かなりエストロゲン量やプロゲステロン量が少ないため安全性が高 いとされています。 そのため副作用でもある血栓症などのリスクを軽減できるというメリットもあります。 
 
ルナベルULDは、一番初めにノルエチステロンを使用し製造承認 されたピルで生理痛緩和や生理量の軽減が可能です。

 

シンフェーズは、 日曜日から内服を始めることから別名サンデースタートと呼ばれていています。 日曜日から内服すると週末に生理がこないサイクルになります。

 

第2世代レボノルゲストレルの場合はラベルフィーユやトリキュラ ー、ジェミーナがあります。ラベルフィーユトリキュラーの後発品です。トリキュラーの場合は1周期内服するまでに三段階にエス トロゲン量やプロゲステロン量の増減が可能です。 この作用により、 総体的なホルモン量が少なくなり安全性が高くなっています。 また、内服中に不正出血が起こる可能性も低いです。

 

ジェミーナは 生理痛改善に特化した低用量ピルです。 他とは違いホルモンは常に一定量を保ちます。

 

第3世代はデソゲス トレルのファボワール28やマーベロンがあり、マーベロンは ニキビに悩む方に人気です。主に、 肌トラブル改善を目的に内服する方が多いでしょう。ファボアール はマーベロンの後発品になります。 
 
第4世代は、ドロスピレノンのヤーズやヤーズフレックスです。ヤ ーズは超低用量ピルで、安全性が高く効能にも優れています。休薬 期間が他のピルよりも短く、ホルモンの変動もあまりありません。 内服すれば、頭痛や腹痛などの改善が期待できるでしょう。

 

また、 抗ミネラルコルチコイド作用によりむくみにくいのも特徴の一つです。ヤーズフレックスはヤーズと効果は変わりませんが、 低用量ピルのなかで唯一、長期間(120日) 連続内服が許可されているピルです。そのためヤーズよりも月経の 回数を減らせます。

 

それぞれ世代に分かれていますが、 個人の体調や病状により相性が異なるものです。 同じ低用量でも効果や副作用にも違いが見られます。 世代ごとに確認すれば、自分に合った性質のピルを選択しやすくなるでしょう。


低用量ピルは避妊効果はもちろん安全性にも優れていますが、なかには飲み合わせが悪い禁忌薬もあるため、 内服の際は注意しなければなりません。 それは歯科治療や風邪で受診する際も同様です。内服を併用することになるため、 ピルを服用していることを伝えなければなりません。 

内服の際は必ず確認しておきましょう。

 

若さをキープするための最強サプリ↓